ナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動します。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

土砂災害から身を守るために

長沼町においては、「56水害」以降、避難勧告等を発令しなければならないような大きな水害や土砂災害は発生していませんが、近年の気象は、一度に降る降雨量が増加傾向にあることから、河川の氾濫及び急傾斜地における土砂災害が発生してもおかしくない状況にあります。

また、全国で発生した災害では、避難勧告等を適切なタイミングで適当な対象地域に発令できていないこと、住民への迅速・確実な伝達が難しいこと、避難勧告等が伝わっても住民が避難しないことなどから大きな人的被害・建物被害が発生しています。

このような状況を踏まえ、国は「避難勧告等の判断・伝達マニュアル作成ガイドライン」を策定し、道はこれを基に、「避難勧告等の判断・伝達マニュアル」を策定したところであり、長沼町におきましても、「町民が安全に安心して暮らせるまち」の実現を目指し、平成26年9月1日の「防災の日」に「避難勧告等の判断・伝達マニュアル(土砂災害編)」を策定し、適切な時期に躊躇なく、避難勧告等の情報を町民に発令できるよう運用を始めました。

該当する地域の皆さまは、あらためて、土砂災害の危険性のある地域にお住まいであることをご承知いただき、土砂災害への備えと、「いざという時」には、町の避難勧告等の情報及び気象情報にもとづき、安全なうちに混乱なく避難されますようお願いします。

土石流から逃げる時は、
土石流の進行方向と直角に。横に逃げることが鉄則です。

問い合わせ先

ページの先頭に戻る

最終更新日: 2014年9月8日


リンクについて / 長沼町ホームページについて / 著作権について / 免責事項 / 個人情報利用規定