ナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動します。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

火災に備えて

大切な財産や時には命までも奪ってしまう火災。

原因のほとんどが不注意によるものです。

日ごろから防災意識を高め、ついうっかりをなくしましょう。

家庭での火災予防

ストーブ たばこ コンロ マッチ・ライター

ストーブの周辺は、すっきりと。特にカーテン、洗濯物には要注意。

ストーブ火災

寝たばこ・ポイ捨て厳禁。消し忘れはもちろん、灰皿にすいがらがたくさんたまっていると危険。寝たばこ・ポイ捨てをしない、させない習慣。

寝たばこ

揚物のときは、その場を離れない。揚物を調理するときは、少しの間でも目を離さないこと。必ず火を消しましょう。

揚げ物、コンロ

子供にはマッチ・ライターで遊ばせない。いたずらができないよう、手のとどかないところにしまっておきましょう。

マッチ、ライター
仏壇等のろうそく おふろ コンセント 放火

長い間つけっぱなしにしたり、近くに燃えやすいものがあると危険。

ロウソク火災

風呂の空だきをしない。点火のときは浴槽の水量を確かめて。

風呂空焚き

たこ足配線、コンセントまわりのホコリに注意しましょう。

タコ足配線

家の周りに燃えやすいものを置かない。

放火

火元別初期消火方法

油なべ
あわてて水をかけるのは厳禁。
消火器がないときは、濡らした大きめのタオルなどを手前からかけ、空気を遮断します。
石油ストーブ
真上から一気に水をかけます。
石油がこぼれて広がったら、毛布でおおってから水を手前からかけて消火。
衣類
着衣に火がついたら、転げ回って消火。
髪の毛の場合は化学繊維以外の衣類やタオルなどを頭からかぶります。
風呂場
火勢が強まる危険があるので、すぐ戸を開けるのは禁物。
ガスの元栓を締め、徐々に戸を開けて一気に消火。
電気製品
いきなり水をかけると感電の可能性が。
できれば、プラグを抜いて(ブレーカーも)消火を。
カーテン・ふすま
火がついたら大変危険。
引きちぎり、蹴り倒して火を天井から遠ざけることが先決です。

消防へのお問い合わせ

ページの先頭に戻る

最終更新日: 2014年11月1日


リンクについて / 長沼町ホームページについて / 著作権について / 免責事項 / 個人情報利用規定