読み飛ばしリンクです。まおいネットの説明、サイト内検索、翻訳サイトへのリンク、各種コンテンツページへのナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動しますか。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

国民年金(全般)

主な年金給付の種類

給付種類

内容

老齢基礎年金

受給資格を満たした人が、65歳から受けられる年金です。 年金額は、加入可能年数満額で、779,300円(月額約64,900円)です。(平成29年4月以降)
不足期間があったり、65歳以前に年金受給される方は、年金額が減額となります。

障害基礎年金

国民年金に加入中に、病気やけがで、1級または2級の障害者になったときや、20歳になる前に障害者になった方が受けられる年金です。
年金額は、1級が974,125円、2級が779,300円で、それぞれ子どもの人数に応じた加算がありあます。

遺族基礎年金

国民年金に加入している人、または老齢基礎年金を受ける資格がある人が亡くなったときで、 一定の保険料納付要件を満たしているときに、その人によって生計を維持されていた18歳未満の子のある妻、または18歳未満の子に支給されます。
年金額は、妻が受けとるときは基本額779,300円に、子どもの人数に応じた額が加算されます。

第1号被保険者の独自給付

「寡婦年金」

第1号被保険者として25年以上の受給資格期間がある夫が、年金を受けないで死亡したときに、10年以上婚姻関係にあった妻が、60歳から65歳までの間支給される年金です。 年金額は、夫が受けることができた第1号被保険者期間に相当する老齢基礎年金の額の4分の3になります。

「付加年金」

月額400円の付加保険料を納めることにより、納めた月数×200円 が年額として老齢基礎年金に加算されます。

「死亡一時金」

第1号被保険者として3年以上保険料を納めた人が、年金を受けずに死亡し、その遺族が遺族基礎年金を受けられないときに支給されます。
金額は、保険料納付月数によって、12万円から32万円です。

関連情報

手続き案内

各種行政手続きのご案内(印鑑登録・証明関係・国民健康保険・住民登録・戸籍関係・国民年金等)について

ページの先頭に戻る

最終更新日: 2017年4月3日


【このページに関する問合せ先】 長沼町役場 税務住民課 国保・年金係

【連絡先】電話:0123-88-2111(内線262)  FAX:0123-88-4836  E-mail: zeimujyuuminka@ad.maoi-net.jp

リンクについて / 長沼町ホームページについて / 著作権について / 免責事項 / 個人情報利用規定