読み飛ばしリンクです。まおいネットの説明、サイト内検索、翻訳サイトへのリンク、各種コンテンツページへのナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動しますか。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

配偶者の国民年金(扶養になったとき)

次のような方は手続きが必要です

  • 厚生年金(共済組合)に加入している人に扶養されている配偶者になるとき
  • 厚生年金(共済組合)に加入している配偶者が転職したが、引き続き扶養となったとき
  • 厚生年金(共済組合)に加入中の配偶者の扶養から外れたとき

会社員や公務員に扶養されている配偶者は、保険料を自分で納めなくても良い第3号被保険者となります。 夫の退職、就職で、国民年金の加入形態が変わるたびに、届出が必要になります。

就職した場合は、夫の勤め先の会社へ届出てください。退職した場合は、役場 税務住民課 国保年金係へ届出ください。

関連項目

  • 手続き案内

    各種行政手続きのご案内(印鑑登録・証明関係・国民健康保険・住民登録・戸籍関係・国民年金等)について

  • 結婚・離婚

    結婚に関する手続き