読み飛ばしリンクです。まおいネットの説明、サイト内検索、翻訳サイトへのリンク、各種コンテンツページへのナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動しますか。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

道路の通行の禁止又は制限

道路法(昭和二十七年法律第百八十号)第四十六条の規定に基づき、道路管理者は、次のような場合、道路の構造を保全し、又は交通の危険を防止するため、区間を定めて、道路の通行を禁止し、又は制限することがあります。

1. 道路の破損、欠損その他の事由により交通が危険であると認められる場合

2. 道路に関する工事のためやむを得ないと認められる場合

上記2については、工事施工者は、道路に関する工事のため道路の通行を禁止し、又は制限が必要な場合は、道路管理者と協議を行い、申請(関係書類を添付)し承認を受けなければなりません。