長沼町「市町村合併に関するアンケート調査」
集計分析結果

 
  町では、この5月に「市町村合併に関するアンケート調査」を実施しました。
この集計結果をもとに男女別、年代別、職業別などに「合併したほうがよい」、「どちらかといえば合併したほうがよい」の合計と「合併しないほうがよい」、「どちらかといえば合併しないほうがよい」の合計を集計しましたので、その結果をお知らせします。
 
※注 「どちらかといえば合併したほうがよい」は「合併したほうがよい」に,「どちらかといえば合併しないほうがよい」は「合併しないほうがよい」に合算して表示してあります。
  調査の概要  
対象者 4,416世帯
調査時期 平成15年4月28日から5月21日
回答者数 1,621世帯
    回答率 36.7%  

◆ 全体集計結果では

 「市町村合併に関するアンケート調査」全体の集計結果は、「合併しないほうがよい」、「どちらかといえば合併しないほうがよい」の合計が、「合併したほうがよい」、「どちらかといえば合併したほうがよい」の合計をわずかに上回りました。

 

◆ 男女別では

  男性については「合併したほうがよい」がわずかに上回っていますが、女性については「合併しないほうがよい」が上回っています。

 

◆ 世帯主・世帯員別では

 世帯主については「合併したほうがよい」がわずかに上回っていますが、世帯員については「合併しないほうがよい」が上回っています。

 

◆ 家族人数別では

 家族人数別については1人家族、2人家族については「合併したほうがよい」が上回っていますが、3人家族以上になると「合併しないほうがよい」が上回っています。

 

◆ 年齢別では

 年齢別については10代、20代が「合併したほうがよい」が上回っています。30代になると「合併したほうがよい」、「合併しないほうがよい」が同数となり、40代以上については「合併しないほうがよい」が上回っています。

 

◆ 居住年数別では

 居住年数別については「5年未満」から「10年〜19年」までは「合併したほうがよい」が上回っていますが、20年以上になると「合併しないほうがよい」が上回っています。

 

◆ 職業別では

 職業別については「主婦」が「合併しないほうがよい」を多く選択していますが、他の業種ではその差は少なくなっています。

 

◆ 地区別では

 地区別については「北長沼地区」、「南長沼・舞鶴地区」は「合併したほうがよい」がわずかに上回っていますが、「中央・市街地区」、「西長沼地区」については「合併しないほうがよい」が上回っています。 

 

◆ 合併先別では

 「合併したほうがよい」、「どちらかといえば合併したほうがよい」と答えた方の地区ごとに「どこのパターン(市町村)との合併を望むか」を集計しますと、北長沼地区については南空知4町(長沼町、栗山町、南幌町、由仁町)が1番多く、次に北広島市、長沼町、南幌町となっています。中央・市街地区、南長沼・舞鶴地区、西長沼地区については、北広島市、長沼町、南幌町との合併の選択が多くなっています。