ナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動します。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

低炭素建築物

平成24年12月4日から「都市の低炭素化の促進に関する法律(略称:エコまち法)」が施行されました。

低炭素建築物とは

都市の低炭素化の促進に関する法律(平成24 年法律第84 号)第54条第1項の基準に適合すると所管行政庁に認められた建築物を言います。低炭素建築物の新築等をしようとする方は、当該建築物の新築等に関する計画(低炭素建築物新築等計画)を作成し、所管行政庁へ認定を申請することができます。なお、計画の認定を受けた建築物には、国が定めた支援制度等を受けることができます。

所管行政庁とは

建築基準法に定める特定行政庁(北海道)と限定特定行政庁(長沼町)となります。
(建築確認申請を行う行政庁と同じです。)

認定の申請先は

@建築基準法第6条第1項第4号に該当する住宅は、長沼町長となります。

A @以外の住宅は、北海道知事となります。

申請の受付は

長沼町役場都市整備課建築係となります。

認定基準・認定手続きは

  • @長沼町が認定する計画に関する認定基準、認定手続きは、「長沼町低炭素建築物新築等計画の認定等に関する要綱」をご覧下さい。
要綱

Word版 44KB

PDF版 17KB

  • A北海道が認定する計画に関する認定基準、認定手続きは、
    北海道低炭素建築物新築等計画の認定等に関する要綱」をご覧下さい。
  • ※認定申請にあたっては、事前の登録住宅性能評価機関が行う技術的審査を受けていただき、認定申請書に登録住宅性能評価機関が発行する適合証を添付することとなりますので、技術的審査に関する手続きについて、各登録住宅性能評価機関へもお問い合わせください。

申請手続きの流れ

@申請先が長沼町長の場合

申請者は、登録住宅性能評価機関に技術的審査依頼をし、適合証を交付されます。  申請者は長沼町へ認定申請し、認定書を交付されます。 

申請手続きの流れ(1)長沼町長へ申請する場合

A申請先が北海道知事の場合

申請者は、登録住宅性能評価機関に技術的審査依頼をし、適合証を交付されます。  申請者は長沼町へ認定申請し、長沼町は、支庁・本庁へ申請書を送付します。  支庁・本庁は、長沼町へ認定書を送付し、長沼町は申請者へ認定書を交付します。 

申請手続きの流れ(2)北海道知事へ申請する場合

技術的審査に関する登録住宅性能評価機関の情報は、(社)住宅性能評価・表示協会のホームページをご覧ください。

(社)住宅性能評価・表示協会

登録住宅性能評価機関情報が掲載されています。

国土交通省 都市の低炭素化の促進に関する法律

法律・概要等が掲載されています。

認定申請手数料(長沼町が認定する場合)

【ア 住戸単位の申請の場合】
認定申請を行う住戸の戸数に応じた棟単位の金額

認定申請する住宅の戸数 手数料
1戸のもの

5,000円

2戸以上5戸以内のもの

11,000円

6戸以上のもの

18,000円

【イ 非住宅建築物の申請の場合】
 建築物の延べ床面積に応じた金額

延べ床面積  手数料 
300平米以内のもの 

11,000円 

300平米を超えもの 

31,000円 

  • ※住戸単位、非住宅建築物の両方に該当する建築物の認定を申請する場合の手数料についてはお問い合わせ下さい。
  • ※都市の低炭素化の促進に関する法律第54条第2項の申し出をする場合は、確認申請手数料応分の金額を加算した額となります。
  • ※また、登録住宅性能評価機関の技術的審査に要する費用は、別途、申請者から登録住宅性能評価機関へお支払いいください。
  • ※北海道が認定する場合の認定手数料は、
    北海道低炭素建築物コーナー」をご覧ください。

ご注意

  認定を受けようとする住宅は、認定を受ける前に工事を着工することはできません。(認定後の着工となります。)

お問い合わせ先

  長沼町役場 都市整備課 建築係 電話:0123-88-2111 内線337

ページの先頭に戻る

最終更新日: 2016年3月1日


【このページに関する問合せ先】 長沼町役場 都市整備課 建築係

【連絡先】電話:0123-88-2111(内線337) FAX:0123-88-0888  E-mail: toshiseibika@ad.maoi-net.jp

リンクについて / 長沼町ホームページについて / 著作権について / 免責事項 / 個人情報利用規定