読み飛ばしリンクです。まおいネットの説明、サイト内検索、翻訳サイトへのリンク、各種コンテンツページへのナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動しますか。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ごみの分け方、出し方ガイド長沼町のごみの分け方、出し方ガイド

ここからがページのコンテンツです。

生ごみ・厨芥類

黄色袋・生ごみ 生ゴミ・厨芥類 甲殻類の殻
  • 食事の残り
  • お茶がら、野菜・魚・肉の料理くず
  • 果物のかわ・くず
  • お菓子類の残り
  • 卵のカラなど

出し方と注意事項

※生ごみ指定袋は、大・小の2種類があります。
排出の際に不安がある場合は、袋を重ねて排出しても収集します。

  • 「水切りを十分に行う。」

    水切りネットや三角コーナーなどを使って、水切りを十分に行ってください。

  • 「収集日当日の朝に生ごみを必ず新聞紙に包んでから指定袋に入れる。」

    新聞紙1枚以内で生ごみを包む。※チラシの紙などは使わないでください。
    無理に詰め込まないでください。衝撃を与えないでください。

  • 生ごみをポリ袋等に入れて出さないでください。
  • 生ごみの中に、ラップ、トレイ、ポリ袋、調味料の小袋などを入れないでください。
  • 貝がらは、不燃ごみ用指定袋に入れてください。

生ごみ用指定袋の保管方法

直射日光,多湿を避ける

※劣化を防ぐため、直射日光及び多湿を避けた場所で保管をお願いします。

※分解する性質の袋の為、お早めにお使いください。

※排出の際に不安がある場合は、袋を重ねて排出しても収集します。

生ごみ堆肥化容器の助成について

組合では、生ごみ堆肥化容器などの購入費の助成をしていますので、ご活用ください。
生ごみのリサイクルにご協力お願いします。

生ごみ堆肥化容器購入の補助