読み飛ばしリンクです。まおいネットの説明、サイト内検索、翻訳サイトへのリンク、各種コンテンツページへのナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動しますか。

まおいネットロゴ

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

麻しん患者の発生について

平成26年3月27日に岩見沢保健所管内で麻しんの発生がありましたのでその概要をお知らせします。

  1. 発生の概要:6名(成人3名・小児3名)の者が岩見沢保健所管内の複数の医療機関を3月14日から4月3日にかけて、発熱・鼻水・発疹などの症状にて受診し、麻しんと診断され治療を受けました。

  2. 現在の状況:4月7日現在、症状は回復に向かっています。

  3. 感染防止策:保健所から患者の勤務先や同居家族等に対する健康状況の把握、感染防止策について指導が行われています。

麻しんの症状に気をつけましょう

麻しんは麻しんウイルスによって引き起こされる急性の全身感染として知られています。麻しんウイルスの感染経路は、空気感染、飛沫感染、接触感染で、その感染力は非常に強いと言われています。免疫を持っていない人が感染するとほぼ100%発症します。麻しんウイルスはヒトからヒトへ感染すると言われています。

感染すると約10日後に発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が現れます。2〜3日後熱が続いた後、39℃以上の高熱と発疹が出現します。肺炎、中耳炎を合併しやすく、患者1000人に1人の割合で脳炎が発症すると言われています。死亡する割合も、先進国であっても1000人に1人と言われています。

近年はワクチンの2回接種が行われ、麻しんに感染する方の人数は減っていましたが、本年麻しん患者の届出数が増加しています。

予防接種を受けましょう

本年、麻しん患者数が増加しています。免疫力をつけるために、まだ受けていない方は、予防接種受けることをお勧めします。

成人の町内接種可能病院  〜予約が必要です〜

町立長沼病院0123-88-2321
池田内科クリニック0123-88-2155
長沼内科消化器科0123-82-5333
ページの先頭に戻る

最終更新日: 2014年4月23日


【このページに関する問合せ先】 保健福祉課 保健係

【所在地】〒069-1315  北海道夕張郡長沼町南町2丁目3番1号 長沼町総合保健福祉センタ−「りふれ」

【連絡先】電話:0123-82-5555  FAX:0123-82-5070  E-mail: hokenfukushika@ad.maoi-net.jp

リンクについて / 長沼町ホームページについて / 著作権について / 免責事項 / 個人情報利用規定