読み飛ばしリンクです。まおいネットの説明、サイト内検索、翻訳サイトへのリンク、各種コンテンツページへのナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動しますか。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

前のページ

融雪施設設置に対する補助制度

長沼町では、冬期間も快適な環境で生活できるように融雪施設の設置を希望する方々に対し、その費用の一部を補助しています。

融雪システムイメージ図

融雪施設設置費に対する補助制度の詳細

補助対象者

町民、町内に事務所を有する法人

補助対象施設

融雪施設(融雪槽、融雪機、ロ−ドヒ−ティング)

補助する額

申請者が65歳以上の場合=設置費の1/2以内(50万円の限度)

申請者が65歳以上の方又は身体障害1級、2級と同居している場合は
設置費の1/2以内(50万円の限度)

上記以外の場合=設置費の1/3以内(30万円の限度)

Q&A

借地、借家などに居住している場合は補助対象になりますか。

所有者の承諾が得られれば補助の対象となります。

法人の場合の申請者は誰になるのですか。

当該土地又は当該建物の所有者が申請することになります。

補助申請の時期はいつですか。

6月1日から6月末日まで申請を受付けします。なお、工事については、
当該年度の11月末日までに完了していただくことになります。

融雪施設は、1世帯当たり何基まで対象になりますか。

1世帯当たり1基とします。

融雪施設はどんな方式のものでも対象になりますか。

融雪施設は固定式のものとします。
融雪槽及び融雪機は、給湯ボイラ−方式若しくはバ−ナ−方式で
地中に埋設され、落下や火傷防止のための安全装置を備えたものとします。 また、ロ−ドヒ−ティングは、発熱体や放熱体を埋設し融雪するもので、融雪水が雨水管などに排水されるものとします。

申請に必要な書類として、どんなものがありますか。

設置位置図、配置図、排水経路図、工事見積書、融雪施設の仕様書又はカタログ、
国道又は道道と関係して設置するときはその協議書が必要となります。

関連リンク

新エネルギー

自然の力や今まで使わずにいた資源を利用した「新エネルギー」を利用していく取り組みや、平成20年度までの 太陽光発電の補助事業などについて掲載しています。

CO2削減

長沼町の省エネルギーに対する取り組み等、省エネルギーに関する情報について掲載しています。

融雪施設設置費補助

融雪施設設置費補助について詳しく掲載しています。

ページの先頭に戻る

最終更新日: 2017年5月31日


【このページに関する問合せ先】  長沼町役場 都市整備課 管理係

【連絡先】電話:0123-88-2111(内線333、334)  FAX:0123-88-0888  E-mail: toshiseibika@ad.maoi-net.jp

リンクについて / 長沼町ホームページについて / 著作権について / 免責事項 / 個人情報利用規定