長沼町移住計画

実際にお試し暮らしをされた方の体験談です。

お試し暮らし体験談

「お試し暮らし体験住宅 体験談」

一度観光で訪ねた長沼は、マオイの丘公園からの田園農村風景、ログレストランでのおいしいランチ、広大な景色を眺めながら飲んだコーヒーなどとともにとても心に残った場所であった。

ゆっくり住むとしたらいいなと思いつつ、仕事等で時間がたち、今回短い間であったがお試し暮らしを9日間体験した。最初は車を使わず新千歳からJR、北広島からはバスで長沼町役場まで行った。思ったより早く、バスの本数も1時間に1本はあり、車がなくともなんとかなるのかなと思った。(実際は車が必要)

体験住宅は役場から4、5分の所で、スーパーや商店街にも近く大変便利な所だった。旧教員住宅ということであったが、きれいに手直しがしてあり、二人でゆったりと生活できる所だった。台所はちょっと狭いかなと思ったが、外食を主としていたのでまあまあであった。風呂は狭く、追い炊きはあったが、壊れているのか使えなかった。トイレは便座に暖がなく、11月には冷たかった。

買い物は近くのスーパーや商店を多く利用した。4日目からは車を借りたので町中を探検することはもちろんのこと、近くの町や市へも足をのばした。町においしい店、レストラン、カフェがいろいろあることがわかった。インターネットにあった空き家バンクの家も外からであるが見ることができ、位置が確認できた。

滞在2日目から3日間、南空知の9市町の移住を考えるツアーに参加した。それぞれの市町とも良い所もあり、課題もあった。長沼町は、対応の仕方や話を聞くと、町が豊かなのか?人が自然と来るのか?あまり熱心なようには思えなかった。

美しい自然、おいしい食べ物、温泉、病院、総合保健福祉センター「りふれ」など、すばらしいものがたくさんある町だと思った。新千歳や札幌にも近い魅力的なところだなと感じた。体験住宅の申込み、受入れについて対応していただいた役場の方は、とてもやさしく、親切にしていただいた。本格的な冬の体験や、もっと長期に体験しないと本当のことはわからないかもとも思った。

ありがとうございました。

【お試し暮らしに関する問い合わせ先】  長沼町役場  政策推進課  企画政策係

【所在地】〒069-1392 北海道夕張郡長沼町中央北1丁目1番1号

【連絡先】電話:0123-88-2111(内線322、323) FAX:0123-88-0888 
E-mail:seisakusuishinka@ad.maoi-net.jp