ここから本文です。

さっぽろ連携中枢都市圏

連携中枢都市圏構想について

長沼町では、今後想定される人口減少を見据えて更なる広域連携を進めるため、札幌市を中心都市とした、新たな広域連携の枠組である「連携中枢都市圏」の形成に向けた取組みを進めています。
さっぽろ連携中核都市圏のロゴ画像

連携中枢都市圏構想とは

地方圏において、相当の規模と中核性を備える圏域の中心都市(政令指定都市又は中核市)が、近隣の市町村との連携に基づいて、人口減少・少子高齢社会においても一定の圏域人口を有し活力ある社会経済を維持するために形成する圏域のことです。

連携中枢都市宣言

平成30年(2018年)11月28日に連携中枢都市である札幌市が、中心的な役割を担う意思、人口データ、連携市町村名等を記載した書面を公表し、「連携中枢都市」になることを宣言しました。

連携中枢都市宣言PDF(633.31 KB)

連携協約の締結

長沼町を含む7市3町1村(江別市、千歳市、恵庭市、北広島市、石狩市、当別町、新篠津村、小樽市、岩見沢市、南幌町、長沼町)が、それぞれの市町村における議会の議決に基づき、連携中枢都市としての要件を備える札幌市と1対1で連携協約を締結しました。

連携する取組内容

  • 圏域全体の経済成長のけん引
  • 高次の都市機能の集約・強化
  • 圏域全体の生活関連機能サービスの向上
札幌市及び長沼町における連携中枢都市圏形成に係る連携協約PDF(1.73 MB)

さっぽろ連携中枢都市圏ビジョン

圏域の将来像・推進する具体的な取組及び実施スケジュール、事業費の見込み・取組期間(概ね5年)・成果指標(KPI)等を記載した連携中枢圏都市圏ビジョンを平成31年(2019年)3月29日に策定しました。
詳細は以下の札幌市ホームページ(外部リンク)をご覧ください。
札幌市ホームページ「連携中枢都市宣言/連携協約/連携中枢都市圏ビジョンほか

さっぽろ連携中枢都市圏『まちづくりパートナー協定』の締結

さっぽろ連携中枢都市圏における取組のひとつとして、圏域における企業によるまちづくり活動を促進するため、「さっぽろ連携中枢都市圏『まちづくりパートナー協定』」を令和元年(2019年)7月12日に民間企業15社と11の協定を本町を含むさっぽろ連携中枢都市圏構成市町村の連名で締結いたしました。
本協定の締結を機に、本町を含む各自治体と締結企業は、それぞれが有する資源を有効に活用しながら、共にまちづくりに取り組むパートナーとして、密接な連携のもと、まちの魅力・活力のより一層の向上を目指してまいります。

締結先企業や協定内容などの詳細は以下の札幌市ホームページ(外部リンク)をご覧ください。
札幌市ホームページ「さっぽろ連携中枢都市圏『まちづくりパートナー協定』について」

お知らせ

・さっぽろ圏奨学金返還支援事業

お知らせ・募集中の事業について(クリックすると外部リンクが開きます。)
・さっぽろ圏高齢者運転免許自主返納支援制度について(6月24日更新)
・ワークトライアル事業(9月8日更新)

 

関連ページ

札幌市ホームページ「さっぽろ連携中枢都市圏」
Get Adobe Reader web logo
PDFファイルをご覧になるには、Adobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない場合は、左の"Get AdobeReader"アイコンをクリックしてください。

お問い合わせ

政策推進課ブランド戦略係
〒069-1392
北海道夕張郡長沼町中央北1丁目1番1号
電話:0123-76-8016
FAX:0123-88-0888
メールでのお問い合わせはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

TOP