まおいネット

まおいネットホーム > 年頭のご挨拶

長沼町長

あけましておめでとうございます。

令和2年の輝かしい新春を迎え、謹んでご挨拶を申し上げます。

皆様には日頃より、町政の推進に対し、深いご理解と温かいご協力を賜り、心から厚くお礼申し上げます。

新元号「令和」を迎え、気持ち新たに新年を迎えられた方も多いことと存じます。令和という新しい時代の始まりに当たり、ご即位された新天皇皇后両陛下とご皇室の繁栄、日本国の隆盛と世界の平和、そして町民の一人一人が幸せを享受できるよう、心から願うものであります。

一昨年は、台風21号の接近や胆振東部地震により北海道は未曽有の災害となり、本町でも大きな被害に見舞われましたが、昨年は災害のない穏やかな一年となりました。本町では、昨年12月に、消防北長沼分遣所の建替が完了し、消防活動のみならず、駐車場にヘリポートを併設するなど、北長沼地区の防災拠点として整備したところであり、有事に備え、さらなる防災体制の強化を図ってまいります。

農業関係では、昨年の水稲の作況指数は「104」で「やや良」となりました。ブロッコリーの販売額が7億円を超えるなど、その他の作物も概ね平年並み又は平年作以上となり、豊穣の秋を迎えることができました。また、原料米として100%長沼産「ゆめぴりか」を使用した純米吟醸酒「夢馬追」が新たにお披露目され、香り豊かでまろやかな長沼町の地酒が誕生いたしました。

我が国の農業を取り巻く情勢は、関税削減や輸入枠拡大により、農業をはじめ地域経済への大きな影響が懸念されるところであります。こうした懸念に対する丁寧な説明と、農林水産業振興及び地域活力維持のために必要な対策を、関係機関と連携し、政府に求めてまいります。

地域間交流や物流の活性化などが期待される「道央圏連絡道路」のうち、泉郷道路が、本年春に開通予定となりました。この開通により、道の駅「マオイの丘公園」横に設置される南長沼ランプから、新千歳空港まで一本の道路で結ばれ、新たな観光ルートによる観光振興、あるいは企業誘致により、さらなる地域経済の発展が期待されます。

現在、3期目の公約に基づく各種施策を進めておりますが、私は、就任以来、子育て支援の充実に努めてまいりました。昨年8月には、「長沼町児童センター(ぽっくる)」がオープンを迎え、次世代を担う子どもたちが集い、安全・安心な居場所として、また、遊びや生活、異年齢とのコミュニケーションの場として、子どもたちはもちろん、子育てに関わる多くの関係者が利用する施設で、まさに地域全体で子どもたちを育てる拠点を目指してまいります。

「長沼中央小学校」「北長沼小学校」「南長沼小学校」「西長沼小学校」「長沼舞鶴小学校」の5校は、近年の少子化による児童数の減少により、町内小学校のより良い教育環境を整備するため、本年3月31日を以て、その歴史に幕を閉じ、4月1日新設される「長沼小学校」に統合整備されます。閉校となる学校の同窓生の皆様にとりまして、母校の閉校は何事にも代え難い寂しさであり、断腸の思いであろうと拝察いたします。しかし、各校の輝かしい歴史を閉じましても、かけがえのない小学校時代をともに過ごした仲間たちとの絆は、いつまでも同窓生の皆様の心に生き続けていかれるものと確信いたしております。また、各校が今日まで築いた歴史と伝統が、新設される長沼小学校に受け継がれますことを念願いたすものであります。今後も閉校する5校の子どもたちが、全町の子どもたちと手を携えながら、健康で充実した学校生活が送れるよう努めてまいります。

本年も、子育て支援や雇用の創出等の施策に積極的に取り組み、第五期長沼町総合振興計画において目標に掲げた「ひと・緑がかがやく田園と交流のまち」の創造を目指してまいりますので、皆様のご理解とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

皆様にとりまして、本年が幸多き素晴らしい年でありますことを心からお祈り申し上げ、新年のご挨拶といたします。