ここから本文です。

こんなときは

よくあるお問い合わせ(こんなときは)

Q1:町内で引越(転居)したとき
A1:戸別受信機は、町内の各行政区ごとに放送することができるよう設定されています。引越しによ
   り行政区が変わる場合は設定変更を行いますので、電話などでお知らせください。(役場への
   持参は不要)

Q2:町外へ引越すとき
A2:長沼町から他市町村へ引越す場合は、機器一式と貸与時にお渡ししている貸与証を、役場
   広報情報係へ返却してください。(町営住宅などを除く)

Q3:乾電池が切れたとき
A3:非常用に内蔵している乾電池が切れたときは、すぐに新しい電池に交換してください。放置すると
   液漏れによる故障の原因となります。(電池が消耗すると乾電池ランプが赤く点滅します)

Q4:放送が途切れる又は聞こえなくなったとき
A4:放送が途切れる場合、アンテナがまっすぐに最大限伸びているか確認してください。また、電波を
   発する電子機器の影響を受けることがあるため、テレビなどと同じコンセントから電源をとらない
   ようにしてください。
   住宅の場所によって、屋外アンテナの設置が必要となる場合があります。
   受信ランプが赤く点滅し続けている場合は、電波を受信できていない事を知らせるサインです。調
   子が悪いまま放置すると、大事なお知らせを聞き逃すおそれがありますので、受信機の不具合は役
   場広報情報係までご連絡ください。

Q5:録音のランプが点滅しているとき
A5:録音ランプの点滅は、緊急放送や通常放送が録音されたあと、まだ再生されていない放送がある場
   合に点滅します。
   録音ランプが緑色に点灯している場合は、通常放送などが常時録音されている留守録音状態になっ
   ています。
   留守録音が不要な場合は録音ボタンを一度押すと解除できます。
   留守録音状態で録音ボタンを押した後、オレンジ色のランプが点滅するのは、留守録音状態は解除
   されたものの、留守録音設定期間中に録音されている未再生の放送や、自動録音された緊急放送が
   ある場合に点滅します。
   未再生の放送を全て再生し終わればランプは消灯します。

Q6:放送を聞き逃してしまったとき
A6:防災行政無線放送確認ダイヤル(0123-88-1700)の自動音声応答サービスで、放送終了後3日
   間分の放送が24時間いつでも確認できます。聞き逃しの際はぜひご活用ください。
  (別途通話料が発生します。)

最終更新日:2021年4月28日

お問い合わせ

政策推進課広報情報係
〒069-1392
北海道夕張郡長沼町中央北1丁目1番1号
電話:0123-76-8014
FAX:0123-82-5220
メールでのお問い合わせはこちらから

本文ここまで

ここからフッターメニュー

TOP