ナビゲーションを読み飛ばして本文へ移動します。

まおいネット

ここからが、ナビゲーションです。

以上で、ナビゲーションは終了です。

トピックパスです。

ここからがページのコンテンツです。

身体障害者手帳の交付手続き

初めて申請するときは、専用診断書、写真1枚と印鑑、個人番号が必要です。

療育手帳の交付手続き

初めて申請するとき、紛失、破損したときは、写真1枚と印鑑が必要です。

障害者控除対象者認定書の交付

一定の要件に該当する方に対し、申請により「障害者控除対象者認定書」を交付いたします。所得税・住民税の申告をする際に、この認定書を添付することにより、本人または扶養者が障害者控除(特別障害者控除)を受けることができる場合があります。

障害福祉サービス

障がいをお持ちの方を対象とする障害者総合支援法・児童福祉法に基づく各種サービスは、その障がいの種別(身体・知的・精神)にかかわらず、利用することができます。

自立支援医療(更生医療)の給付

更生医療は、身体障害者手帳を持っている18歳以上の方が、その障がいを軽減または改善するために治療を行う場合に、世帯の所得に応じて医療費を助成する制度です。

重度心身障害者医療費助成について

身体障害者手帳[1級・2級・3級(内部障害のみ)]の交付を受けた方、重度の知的障害者、及び1級の精神保健福祉手帳の交付を受けた方を対象に、医療費を助成します。

補装具の交付

からだの失われた部分や、思うように動かすことのできない障がいのある部分を補って、日常生活を容易にするための用具を交付します。

日常生活用具の給付

重度障害者の方が、日常生活を営む上での不便をなくし、自立した生活を営むことができるように、用具を給付します。

子ども発達支援センター

子どもの発達・育児に関して心配のある方への相談を遊びをとおして、よりよい育児環境を相談者とともに考えていくための施設です。

身体障害者用自動車改造費助成

障がいのある方の社会参加を支援するため、重度の肢体不自由のある方が自ら所有し運転する自動車を改造する経費を助成します。

NHK放送受信料の減免

世帯員に身体障害者手帳、療育手帳、精神保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方がいる世帯で、かつ、世帯構成員全員が町民税非課税の場合は受信料が全額免除されます。

心身障害者扶養共済制度

北海道が条例に基づき実施する任意加入の制度です。保護者が、毎月一定額の掛金を納めることにより、保護者が死亡または重度障がいとなった月の分から、障がいのある方に終身にわたり一定額の年金が支給されます。

自動車運転免許取得にかかる費用助成

身体障害者手帳1から4級の交付を受けた方の自動車運転免許取得に要する費用の一部を助成します。

ハイヤー料金及び自動車燃料費助成

身体障害者手帳1級又は2級、3級の心臓機能障害(ペースメーカー)で一定の要件を満たす方、療育手帳A判定、精神障害者保健福祉手帳1級の交付を受けた方に助成券を交付します。

バス運賃の割引

民間バス、町営バスともに障がいをお持ちの方に対する割引制度があります。

有料道路通行料の割引

対象となる方は、身体障害者手帳・療育手帳の交付を受けている方及び障がい者と生計を一緒にする方です。

携帯電話の割引

詳細はご利用の携帯電話会社にご確認ください。

JR・フェリー等の旅客運賃の割引

身体障害者手帳又は療育手帳の交付を受けている方が単独又は介護者とともにJR各社の鉄道及びフェリーを利用した場合に運賃の割引が受けられます。

航空運賃の割引

詳細はご利用の各航空会社にご確認ください。

緊急通報システム

急病や災害など緊急時に、専用の通信機で警備会社へ通報でき、必要に応じて救急車や消防車の要請をします。

物品等の調達方針

国等による障害者就労施設等からの物品の調達の推進等に関する法律により、物品および役務の調達の推進を図るための調達方針です。